住友林業の全館空調

住友林業による全館空調の特色とは

 

 

 

住友林業では、殆どの住宅に対して全館空調が採用されています。温度差を気にする方々にとっては、非常に大切な要素です。
そもそも一戸建て住宅に居住した場合、大きな温度差を感じてしまう場合があります。部屋を移動した時に、それで深刻な問題が生じるケースも珍しくありません。

 

 

 

別の部屋に移動した時に、急に寒くなってしまって、温度差による健康問題が生じる事もあるからです。毎日それが続くとなると、やはり深刻な問題になるでしょう。
しかし住友林業による住宅では、上記でも触れた通り全館空調になっている訳です。各部屋の間で温度差が生じる事が非常に少なく、それだけ快適に居住する事ができます。もちろん健康リスクも低くなるでしょう。

 

 

 

 

ただ全館空調は、実は他メーカーでも採用はされています。他メーカーでも、温度差に関する要素をアピールしているケースが目立つのです。
それで住友林業の場合は、自然の力を有効活用している点に特長があります。単純に機械の力に頼っているだけではありません。

 

 

 

 

そもそも室内が快適な温度になるか否かは、外気を効率的に取り入れるか否かにも左右されるでしょう。例えば外が適度に涼しい時には、窓から空気を入れる選択肢もある訳です。それでも十分に室内が快適になる事はあります。わざわざエアコンなどを使う必要も無い訳です。

 

 

 

 

それで他メーカーによる住宅ですと、機械に頼り切っている事があります。エアコンで温度調節をする事にこだわっていて、最終的には光熱費が高くなってしまう事もあるのです。それでは生活コストが高まってしまいます。

 

 

 

 

ところが住友林業による住宅ですと、外気も効率的に取り入れる仕組みになっているのです。上記のような涼しい空気を室内に取り入れることにより、空調料金を抑えられる仕組みになっています。もちろんそれなら、無駄にエネルギーを使う事もありません。また環境にもやさしいでしょう。

 

 

 

 

このように自然の空気をフル活用して、各部屋を快適温度に保つよう工夫されている点は、住友林業の明確な特長と言えます。