住友林業 欠陥住宅

住友林業は欠陥住宅なのか?

 

 

 

 

住友林業を検討する方々としては、たまに性能に関する不安感を覚えています。なぜなら、欠陥住宅に関する事柄が気になるからです。
そもそも住宅によっては、確かに欠陥が生じる事はあります。一部メーカーによる住宅では、致命的な欠陥が発見されて、クレームが生じる事例はある訳です。そういった話を聞きますと、果たして住友林業による住宅は大丈夫かどうか気になる事はあるでしょう。

 

 

 

 

結論を申し上げれば、住友林業で欠陥住宅に関する事例は幾つか見られます。ただし、もちろん全ての住宅において欠陥が生じる訳ではありません。それこそ物件次第と言えるでしょう。

 

 

 

 

では具体的にどういう欠陥があるかというと、例えば老朽に関する話です。そもそも住友林業による住宅では、木造もいくつか見られる訳です。それで長い間木造住宅に居住し続けますと、様々な老朽化による症状が発生する傾向があります。住宅の一部に破損が生じてしまう事があり、それで欠陥住宅というクレームが生じるケースも、たまにある訳です。

 

 

 

 

もちろん新築物件ならば、話は異なるでしょう。長く使い込んだ住宅の場合、そういった事例も報告されている訳です。
それと地震に対する欠陥が、しばしば報告されています。住友林業による住宅に居住した方々は、既に大勢見られるのです。

 

 

 

 

それで大きな地震が発生した時に、住宅の一部が盛大に破損したという事例も、たまに報告されています。それで補修費がかなり多く発生してしまって、かなり困ったという話もあるのです。

 

 

 

 

こういった話が幾つか見られる以上は、住友林業による住宅の一部では、それなりに問題が発生する可能性はあるでしょう。しかし上記でも触れた通り、あらゆる住宅に対してそれが発生する訳でもありません。

 

 

 

そもそも住友では、非常に多数の物件を扱っています。数が多いだけに、中には欠陥もある訳です。
逆にそれを防止する為の対策が、大きなポイントになるでしょう。きちんと見極めを行っていれば、欠陥住宅に当たる確率は低いメーカーと言えます。

 

 

 

 

 

住友林業による住宅は、価格は特徴的です。なぜなら他メーカーと比べれば、数字が多少高めになっています。
他メーカーでは坪単価がかなり低いこともありますが、住友林業は比較的高めであることは間違いありません。購買者層の問題で、やや高めになっている訳です。

 

 

 

 

それだけに、このメーカーでは値引きが1つのポイントになってくるでしょう。交渉次第では、それなりに価格が引き下げられる事例もあるからです。
例えば住友林業によるある住宅が、価格が4,000万円台になっているとします。

 

 

 

それでは少々高いと考えるケースも、やはりある訳です。そういう時に値引き交渉を行って、引き下げを目指す事になります。現実に引き下げに成功している事例は見られますから、試しに言ってみるのも一法と言えるでしょう。

 

 

 

 

それで具体的にどれ位される事ができるかは、それこそ交渉次第と言えます。かなり高く引き下げることができている事例もあれば、逆もあるからです。人によっては3%前後の値引きに限定されている事もありますが、もっと高くなっている事例もあります。中には10%以上の値引きに成功している事例もあるのです。

 

 

 

 

上記のように4,000万の住宅となると、もちろん10%なら400万になるでしょう。その数字は、やはり軽視できません。
ただし値引きを行うにしても、やはり担当者目線は意識した方が良いです。担当者が値引きを行う事によって、一体どういうメリットがあるかは意識した方が良いでしょう。

 

 

 

 

シンプルに「値引きして下さい」とだけ伝えるだけでは、やはり成功確率は下がってしまいます。一言添えるか否かによって、確率はだいぶ変わってくるでしょう。
例えば、今すぐ買いますという一言です。即決で購入する姿勢を見せると、住友林業の担当者も頑張ってくれる場合があります。

 

 

 

 

ただしあまり値引きにこだわり過ぎるのも禁物です。余りにも頑張りすぎてしまいますと、交渉決裂になる事例もたまに見られます。適度な程度にとどめる方が良い事もあるので、要注意です。

 

 

 

さらに詳しくはこちらです→住友林業 坪単価と値引き

続きを読む≫ 2016/12/15 16:05:15

 

 

 

 

住友林業では、殆どの住宅に対して断熱材が使われています。住み心地を追求するならば、間違いなくそれは大切なポイントになるでしょう。
そもそも住宅で快適に居住できるか否かは、少なからず温度に左右される事は間違いありません。断熱性能があまり良くない住宅ですと、冬は著しく寒くなってしまう可能性があります。逆に夏の時期は、極端に暑くなるケースも目立つのです。

 

 

 

 

しかし、それも上記で触れた断熱材次第です。やはり優秀な断熱材が使われている住宅は、それなりに住み心地も良くなる傾向があります。
それで住友林業による断熱材の場合、厚みに大きな特徴があるのです。

 

 

 

そもそも断熱材自体は、実は他社でも採用しています。しかし厚みに関する事柄を考慮すると、他社では必ずしも充実しているとは断言できません。やや薄い断熱材が採用されたメーカーも、比較的多く見られるからです。

 

 

 

 

それと比べると、住友林業は非常に厚みがある断熱材を採用しています。他社による断熱材の厚みが10だとすると、住友林業では50といった具合です。もちろん、それも住友林業の住宅次第とも言えます。

 

 

 

 

材料に厚みがあれば、それだけ高い性能を発揮してくれると考えられるでしょう。断熱性能の高さを求めるならば、住友林業はおすすめと言えます。
それと住友林業は、地域に関する特徴があるのです。そもそも他メーカーでは、断熱材が使われている住宅は一部地域に限定されている場合があります。それでは、一部地域の方々は困ってしまうでしょう。

 

 

 

 

ところが住友林業の場合は、あらゆる地域において断熱材を採用している訳です。もちろんそれが採用されていれば、温度に関する快適度は問題無いと考えられるでしょう。

 

 

 

 

また住友林業による断熱材は、技術の高さにも特徴があります。他社と比べて、最新性能の断熱材を採用しているからです。
メーカーによってはやや古い世代の断熱材を使っている事もありますが、住友林業ではそういった事もありません。
このように断熱材が充実している点は、住友林業の特長と言えます。

続きを読む≫ 2016/12/15 16:03:15

 

 

 

住友林業では、殆どの住宅に対して全館空調が採用されています。温度差を気にする方々にとっては、非常に大切な要素です。
そもそも一戸建て住宅に居住した場合、大きな温度差を感じてしまう場合があります。部屋を移動した時に、それで深刻な問題が生じるケースも珍しくありません。

 

 

 

別の部屋に移動した時に、急に寒くなってしまって、温度差による健康問題が生じる事もあるからです。毎日それが続くとなると、やはり深刻な問題になるでしょう。
しかし住友林業による住宅では、上記でも触れた通り全館空調になっている訳です。各部屋の間で温度差が生じる事が非常に少なく、それだけ快適に居住する事ができます。もちろん健康リスクも低くなるでしょう。

 

 

 

 

ただ全館空調は、実は他メーカーでも採用はされています。他メーカーでも、温度差に関する要素をアピールしているケースが目立つのです。
それで住友林業の場合は、自然の力を有効活用している点に特長があります。単純に機械の力に頼っているだけではありません。

 

 

 

 

そもそも室内が快適な温度になるか否かは、外気を効率的に取り入れるか否かにも左右されるでしょう。例えば外が適度に涼しい時には、窓から空気を入れる選択肢もある訳です。それでも十分に室内が快適になる事はあります。わざわざエアコンなどを使う必要も無い訳です。

 

 

 

 

それで他メーカーによる住宅ですと、機械に頼り切っている事があります。エアコンで温度調節をする事にこだわっていて、最終的には光熱費が高くなってしまう事もあるのです。それでは生活コストが高まってしまいます。

 

 

 

 

ところが住友林業による住宅ですと、外気も効率的に取り入れる仕組みになっているのです。上記のような涼しい空気を室内に取り入れることにより、空調料金を抑えられる仕組みになっています。もちろんそれなら、無駄にエネルギーを使う事もありません。また環境にもやさしいでしょう。

 

 

 

 

このように自然の空気をフル活用して、各部屋を快適温度に保つよう工夫されている点は、住友林業の明確な特長と言えます。

続きを読む≫ 2016/12/15 16:02:15

 

 

 

 

住友林業による住宅には、色々とメリットはあります。例えば、省エネ性能に関する要素です。
そもそも住宅に居住する以上は、様々な光熱費などが発生する事になります。それが毎月のように続きますから、何とか節約したいと思う方々も少なくありません。

 

 

 

 

それで住友林業による住宅は、省エネに関する設備はとても充実している訳です。他社と比べると、省エネに関する設備の種類数が多いです。それだけに、費用節約の程度はそれなりに期待できるでしょう。

 

 

 

 

それと住友林業は、カスタマイズ性に関するメリットがあります。やはり住宅を購入する以上は、自分なりに改造したいと思うケースも多々あるのです。
それでメーカーによっては、カスタマイズがかなり限定されてしまう事があります。様々な構造上の問題によって、改造が難しいケースもある訳です。

 

 

 

 

それに対して住友林業は、自由度は比較的高めと言えます。自分の個性を発揮して住宅に居住したいと望む方々にとっては、ある意味向いているでしょう。
また住友林業は、住宅のデザイン性に関するメリットがあります。

 

 

 

 

そもそも人々は、やはり客観的な見栄えを重視するケースも少なくありません。来客者が多く想定される時などは、それなりに見栄えを良くしたいと思うのは、やはり自然な発想と言えます。

 

 

 

 

それでこの住宅メーカーは、デザインに関しては多くの人々の間で好評です。とてもお洒落という評判が目立ちますから、客観的な印象という意味では、特に問題無いと考えられます。

 

 

 

 

また住友林業は、書類の分かりやすさに関するメリットがあるのです。そもそも住宅を建設する前には、必ず見積書を提示してもらう事になるでしょう。
それで見積書が分かりやすいか否かは、やはり大切なポイントになります。不明確な要素があると、不安感が高まってしまうからです。

 

 

 

 

住友林業による見積書は、とても分かりやすいと好評です。それに伴う安心感が、このメーカーのメリットと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2016/12/15 16:01:15